• インビザライン・システム
  • invisalign system
  • TOP
  • 矯正歯科
  • インビザライン・システム

インビザライン・システムとは What is Invisalign system?

透明なマウスピースを使って
治療する矯正治療

ブラケットやワイヤーを使用せずに透明のマウスピースだけで矯正治療を行う方法です。
「違和感なく、他人に気付かれずに矯正したい」という方におすすめです。

インビザライン・システムなら、目立ちにくく、取り外しができるから…

当医院では数あるメーカーからインビザライン(米・アラインテクノロジー社の製品で、世界最大のシェアを誇り、100カ国以上の国で提供され、600万人を超える患者さんが使用しています(2019年1月現在)を使用し治療を行っていきます。

インビザライン治療の効果は、世界中で認められています。

インビザライン治療により歯並びを整えることで、世界で800万人以上の患者様が、笑顔の改善につなげています。
詳しくはhttps://www.invisalign.co.jp/をご覧ください。(※2020年1月時点)

特徴とメリット Features and benefits

  • 目立ちにくい

    目立ちにくい

    思いっきり笑って
    笑顔に自信を!

    アライナーは透明に近く目立ちにくいため、装着していることがほとんどわからず、見た目によるストレスが軽減されます。

  • 取り外しができて衛生的

    取り外しができて衛生的

    いつもの歯磨きで
    口腔内を衛生的に!

    食事や歯みがきの時はアライナーを取り外すことができるため、普段どおりに歯のお手入れができ、口腔内を衛生的で健康な状態に保つことができます。

  • 痛みが少なく
    口腔内トラブルが少ない

    痛みが少なく口腔内トラブルが少ない

    食べたいものを
    食べたい時に!

    アライナーは金属を使用しないため口の中の違和感が少なく、矯正装置が外れてしまうなどのトラブルの可能性も少なくなります。

  • 金属のワイヤーを
    つけません

    金属のワイヤーをつけません

    目立ちににくいだけでなく
    金属アレルギーの心配がない

    マウスピースはプラスチックに似た素材なので、金属アレルギーの方も安心して矯正治療を行うことができます。

シミュレーション画像 Simulation image

事前にシミュレーションで
完成図を確認できる

3Dシミュレーションソフトを使用して、治療開始前に、歯がどのように動いていくかを確認できます。またそのデータをお手持ちのスマホでも確認できます。

シミュレーション画像

治療可能な症例 Treatable cases

  • 空隙歯列

    空隙歯列

    歯と歯の隙間

  • 交叉咬合

    交叉咬合

    上の歯が下の歯の内側に入っている

  • ディープバイト(過蓋咬合)

    ディープバイト
    (過蓋咬合)

    上の歯が下の歯を覆い隠している

  • 反対咬合

    反対咬合

    下の歯が前に出ている

  • 叢生

    叢生

    でこぼこした歯並び

  • オープンバイト(開咬)

    オープンバイト
    (開咬)

    上下の歯が噛み合っていない

治療の流れ Treatment flow

850,000円(税抜)

  1. 初診時には、治療計画を作成するために、インビザライン・ドクターが写真・レントゲンおよびデジタルスキャンまたは歯牙の印象をとります

  2. アライン・テクノロジー社が独自に開発した3D治療計画ソフトウェアを使用し、ドクターは患者様の治療計画を作成します。
    この3Dの治療計画では、予測される歯牙の最終位置が示されるほか、おおよその治療期間が確認できます

  3. カスタマイズされたアライナーが製造され、ドクターのクリニックに出荷されます

  4. アライナーを患者様にお渡しします。患者様は、毎日アライナーを装着していただき、1~2週間ごとに新しいアライナーに交換します

  5. 約4~6週間ごとに通院し、インビザライン・ドクターの診察をうけていただき、治療経過を確認していきます

  6. 治療終了後、歯牙の位置を安定させるためにリテーナー(保定装置)の使用が必要となることがあります

インビザラインの副作用とリスク Side effects and risks of Invisalign

ご注意ください

マウスピース矯正は、全ての人に適応できる治療ではありません
※永久歯が対象

  • インビザラインは全ての症例に
    適応可能なわけではありません

    インビザラインは現在、様々な症例に適応可能ですが、歯並びや口腔内の状態によっては適応できない場合もあります。
    顎の骨格に問題がある場合や、歯並びが非常に乱れている場合には、インビザラインでの治療ができない場合があります。
    インビザラインでの治療が出来ないケースでは、ブラケット矯正=ワイヤー矯正などの矯正治療となることがあります。

  • インビザラインでは、
    マウスピース型の矯正装置(アライナー)を、ご自身で外すことができます。

    飲食の時にはアライナーは必ず外して下さい。
    朝昼晩の食事の時以外にも、間食や、清涼飲料など糖分の入っている飲料などを飲む場合には、やはりアライナーは外してください。外さずに飲食すると、アライナーが変色したり、破損したりしてしまうことがあります。
    また、アライナーを外さずに、清涼飲料など糖分の入っている飲料などを飲むと、アライナーと歯の間に糖分が入り込んで、むし歯になりやすくなる可能性が高まります。

  • インビザラインでの矯正治療では、マウスピース型の矯正装置(アライナー)を1日に22時間以上装着することが大切です。
    1日に22時間以上の装着をしないでいると、計画通りに歯を動かせなくなってしまう場合があります。
    1日に22時間以上、アライナーを装着することを守るため、ご自身での自己管理努力が大切です。

  • 奥歯と奥歯の間にマウスピースをはさむので、噛む力が矯正力となってしまい元々噛んでいた奥歯が当たりにくくなることがあります。
    日中に歯を嚙みしめる癖のある方や、歯ぎしりをする方の場合は影響が出やすいですので注意してください。

  • インビザライン単独でのリカバリーが難しいと矯正歯科医が判断した場合は部分的にワイヤー矯正を行い、顎間ゴムなどを併用して治療に当たることが必要になる場合があります。

  • インビザラインでは、約1ヶ月~3ヵ月程度に1度のペースで、適合のチェックなどで歯科医院を受診する必要があります。
    治療計画の通りに歯を動かし、良い結果を出すためにも、定期的なチェックは必ず受けましょう。

一度ズレたら元には戻らない場合があります。
約2年分のマウスピースが一度に届くため
マウスピースと歯の間に
隙間が空くことがあります。
全体的なフィット感がなくなって来た場合は
一から作り直しが必要です。

ページトップ
  • ホワイトニング

    美しさと機能を両立させた審美歯科

    詳しく見る

  • CAD/CAM冠が保険適用になり
    お得になりました!

    2020年9月のCAD/CAM冠適応範囲拡大
    前歯から第一大臼歯まで、
    CAD/CAM冠が適用となりました。

    詳しく見る

  • キッズルーム&キッズクラブ

    お子さまの待ち時間は
    キッズルームで遊びながら楽しく♪

    詳しく見る