伊勢市⾺瀬町の⻭医者「杉原⻭科」|⼀般⻭科・⼩児⻭科・矯正⻭科

  • よくある質問
  • faq
  • TOP
  • 医院紹介
  • よくある質問

受付

Q歯科矯正での医療費控除は対象になりますか?
A

すべての歯科矯正で医療費控除の対象にはなりませんが、下記の場合、医療費控除の対象にあたります。
歯科矯正が審美目的ではなく、歯並びの悪さが原因で発音や咀嚼に影響を与えており、それらの機能回復のための治療の場合です。
歯科矯正医師の判断となります。その後最終的には管轄税務署に判断にはなりますが一般的に子どもの歯科矯正を行うほとんどの場合、咀嚼や発音、顎関節の発育などを考慮した治療目的の場合が多いので、医療費控除が受けられる可能性が高いといえると思います。

Q後期高齢保険証の負担割合について教えてください
A

2022.10.31より後期高齢者医療における窓口負担割合の見直しがあり被保険者全体の約20%の方が1割負担→2割負担への変更になります。
2割負担になる所得基準が課税所得が28万円以上かつ「年金収入+その他の合計所得金額」が200万円以上(※)の方とのことです。

2割負担の方の計算方法
影響が大きい外来患者について、 施行後3年間、ひとつき分の1割負担の場合と比べた負担増を、 最大でも3,000円に収まるような措置が導入されます。
高額療養費の口座が登録されていない方には、 施行に際して各都道府県の広域連合や市区町村から申請書を郵送。

  • ※同一の医療機関での受診については、現物給付化(上限額以上窓口で支払わなくてよい取扱い)。
  • ※別の医療機関や調剤薬局、同一の医療機関であっても医科・歯科別の場合は現物給付の対象とならないが、申請によりこれらを合算したひとつき当たりの負担増加額は最大でも3,000円となり、超える分は4か月後を目処に、高額療養費として、事前に登録されている口座へ後日償還される。

とあります。
詳しいご説明をご希望の方は受付スタッフまでお問い合わせください。

矯正

Q矯正の治療期間はどのくらいかかりますか?
A

永久歯列の場合 最短1年~
部分矯正の場合 最短半年~
その後後戻り防止のための様子見が、その期間以上に必要な場合がほとんどです。
予防矯正の場合は、成長と共に行う治療なので、単純に何年といった期間を定める事が難しいです。

Q矯正のワイヤーを使わない方法はありますか?
A

あります。マウスピース型の矯正装置もあります。(アライナー矯正)
ワイヤー矯正、アライナー矯正それぞれ得意な方法があります。
症例によってはワイヤーを使わない方法をお勧めし兼ねる場合もあります。

Q受け口は治りますか?
A

治ります。程度や年齢によりできる治療に限界があります。
場合によっては18歳以降手術を併用した矯正もあります。
早めのご相談をお勧めいたします。

小児歯科について

Q乳歯が抜けていないのに永久歯が生えてきました。大丈夫ですか?
A

必ずしも乳歯が先に受けるわけではなく、ご相談内容のようなケースは多々あります。
永久歯が完全に生えてもしばらく抜ける様子がない場合には、歯科医院にて抜歯するのがお勧めですが、ほとんどの場合自然に抜けていくので心配はありません。

Q子供の歯に着色がありますが、どうすればよいですか?
A

歯面の着色なら歯科医院にてPMTCという機械ブラシで磨くときれいになります。
歯そのものの変色(エナメル質形成不全、失活歯など)の場合は、生え変わるまでそのままになります。

Q指しゃぶりは何歳頃やめた方がいいですか?
A

日本小児歯科学会によると、3歳ぐらいまでは無理にやめさせなくても良いとなっていますが、将来的に歯ならびが悪くなる可能性もあるので、できるだけ早めにやめさせてあげてください。3歳を過ぎたら一度受診をお勧めいたします。

Q同じ箸を使うと子供に虫歯が移りますか?
A

はい!同じ箸や口移しはやめましょう!
生まれたての赤ちゃんの口の中には虫歯菌はいません。
すなわち口臭などもありません。虫歯や口臭の原因はお口の中の虫歯菌や歯周病菌ですので、菌を移動させるような行為はやめましょう。

Q虫歯にならない方法を教えてください。
A

虫歯菌の数を減らすことが大切!
甘いものを口にするなどの生活習慣から起こります。

虫歯の原因と対策
虫歯は原因となる3つの要素(細菌、歯質、食べ物)によりできるといわれています。
細菌・・毎日の歯磨き、歯科医院でのプラーク除去、菌の活動を抑えるキシリトールやフッ素塗布がお勧めです。
歯質・・フッ化物を使った歯質強化!よく噛んで唾液の分泌を促進。歯科医院でのシーラント予防もお勧めです。
食べ物・・・バランスのとれた食生活でおやつはダラダラ食べない。
お口の中に長く留まる飴などは要注意!

虫歯になる原因は人それぞれです。ご自分に合った予防方法をご相談ください。

Q子どもが寝ている間によく歯ぎしりをするのですが、治療した方がよいでしょうか?
A

子どもの歯ぎしりのほとんどは一時的なもので、生活の中でのストレスとしておきていることがあります。また、かみ合せの調整としてみられる歯ぎしりもあります。年齢とともになくなっていくことが多いです。
様子をみてもよいと思いますが、長期間治らない場合やあごを痛がったりするようであれば、マウスピース(スポーツガード)を作製する場合もありますので、早めの受診をお勧めいたします。

虫歯治療&歯周病

Q保険内でも白い歯を入れることはできますか?
A

可能です。近年、ハイブリットセラミック材質の白い歯が保険適応になりました。ただし条件付きの歯もありますので詳しくは歯科医院にてご相談ください。

Q神経を抜くとどうなるのですか?
A

見た目は変わりませんが最後までしっかり治療をしないと歯を抜くことになる可能性もあります。
根管治療を行います。
虫歯が進行すると細菌が歯髄を侵し、強烈な痛みと頬の腫れを引き起こす場合があります。
歯髄まで虫歯が到達してしまっている場合、根管治療が必要です。
細菌に感染した歯や神経を徹底的に殺菌、除去します。歯の根は人それぞれ形が異なり複雑な構造になっています。そのため完全に細菌を取り除かないといけません。途中で治療をやめてしまうと根が腐ったり歯がボロボロになってしまいます。清掃と消毒を繰り返し行いますので、回数のかかる治療になりますが、根気よく最後まで治療すれば神経を抜いた歯でも問題ありません。

Q親知らずは必ず抜いたほうがよいですか?
A

悪影響がなければ必ず抜く必要はありませんが、虫歯や歯周用のリスクが増えるので要注意です。
親知らずとは上に2本下に2本あります。しかし大人になれば必ず4本きちんと生えてくるわけではありません。
歯の元になる種はあっても歯茎やあごの骨に埋もれて生えてこない場合も多くあります。

~親知らずが引きおこすトラブル~
磨きにくい場所になので汚れを残さないように歯磨きをしましょう!
歯列に影響が出る場合があるので要注意!

親知らずが生えてきても何も違和感などがなければ気にすることはありません。
他の歯がすでに生えそろっているところに生えようとするため、きちんと生えるスペースが不足していることが多く、曲がって生えてきたり周りの歯や歯茎に負担をかけてしまいます。
まっすぐ生えている以外の場合は、歯ブラシが届きにくい、または届かない場合、的確な治療やメンテナンスが出来ないので、曲がって生えている場合は抜いたほうが良い症例もあります。

Q違う歯医者に通っていましたが、中々治療が進まず途中ですが違う歯医者に変わりたいけど可能ですか?
A

可能です。お気軽にお問い合わせください。

Q顎関節症で悩んでいます。一般の歯医者さんでみてもらえますか?
A

可能です。顎関節症とはあごの関節の音が鳴り、痛みがあったり時には口が開けにくくなったり、顎を支えている筋肉の痛みが起こる病気です。原因は一概に言えませんが、歯並びや生活習慣、ストレスや頸椎異常、筋肉の緊張などいろいろな要素が絡み合って起こると考えられています。

~治療法~
当医院では①生活習慣の改善 人間にはいろいろな状態や環境に慣れる能力がありますが許容範囲を超えてしまい自覚症状の一つとして顎関節症が発生したと考えられます。
生活習慣の見直しも必要です
②痛みがひどい場合にはスプリント(マウスガード)を就寝時などに装着し顎への負担を少なくなるようにしていきます。

Q口内炎がよくできますが受診した方がよいでしょうか?
A

1週間ほど経っても治らない、またはひどくなっているなど治る様子がなければ、口内炎ではない可能性もありますので、早めの受診をお勧めいたします。
また口内炎の予防としては口の中を清潔に保ち、菌の数を減らすことが基本になり、具体的には歯みがきや洗口剤などを使用してうがいをすることです。また、普段の食事を好き嫌いなくバランスよく食べることが大事です。風邪をひいたり、疲れていたりしている時や季節の変わり目にもできやすいので、注意しましょう。

ページトップ

インスタグラム